よくあるご質問

お薬に関することから調剤薬局のことまで、よくあるご質問を掲載しています。
その他、気になることはお気軽にお問い合わせください。

お薬に関して

 

薬を飲むとき、どのくらいの水や白湯で飲めばいいですか?

薬がよく吸収されるよう、たくさんの水や白湯(目安としてコップ1杯)で飲むようにしましょう。水の量が少ないと、のどや食道に滞ってしまい、炎症や潰瘍をおこすことがあります。

小さな子供やお年寄り、それに胃腸の悪い人は、冷たい水よりはぬるま湯にしたほうがよいでしょう。そのほうが薬が溶けやすく、しかも胃の温度を下げることもありませんから、胃によけいな刺激を与えずにすみます。また、心臓病や腎臓病の人は、水分をとりすぎると、病状を悪化させてしまうことがありますから、水も少なめにするなどの注意が必要になります。

開く
閉じる

薬を飲み忘れたときどうしたら良いですか?

一般的な対応としては、気付いた時に服用します。しかし、次回の服用時点までに時間の間隔がない時には、一回分とばす、あるいは下記のような時間を目安に間隔をあけて服用するようにします。

  • 1日3回服用の薬 → 4時間以上間隔をあける
  • 1日2回服用の薬 → 6時間以上間隔をあける
  • 1日1回服用の薬 → 8時間以上間隔をあける

また、薬剤の種類により対応は異なります。薬をもらう時、必ず医師や薬剤師に「飲み忘れた時、どうすればよいのですか?」とたずねて、指示に従うようにしましょう。

開く
閉じる

オブラートを使って薬を飲んでもいいですか?

基本的には問題ありません。
しかし苦味健胃薬などはその苦味で胃の働きが活発になるので、オブラートで苦味を感じなくしたら効果が弱まります。

開く
閉じる

医薬分業の目的は何ですか?

医薬分業の目的は、下記の3点です。

  1. より質の高い医療サービスの提供
  2. 高齢化社会に向けてより安全な薬の利用
  3. 医療費の適正化

1.より質の高い医療サービスの提供

医療費の中で薬の占める割合は大きく、自分の受けている薬物治療について正確な説明を聞くことができます。一つの薬局にご自分の薬歴の管理をまかせることで安心して服用できます。

2.高齢化社会に向けてより安全な薬の利用

高齢な患者さんが「かけもち受診」されますと、診療科ごとにお薬が処方されるため、ときに薬害を引き起こす可能性があります。薬局に薬歴の管理をさせれば、これを未然に防ぐことができます。

3.医療費の適正化

薬を使えば使うだけ儲かるという現在の医療の仕組みでは、患者さんに必要以上のお薬が処方される可能性が常にあり、決してよいことではありません。これを防ぐ仕組みが医薬分業です。薬の過剰投与も、薬害も未然に防ぐことができるのです。

開く
閉じる

健康に関して

 

熱中症を予防するとき、どのようなことに注意したら良いですか?

○ 暑さを上手に避けて生活する工夫

外出時にはなるべく日陰を歩く、帽子や日傘を使ったり、家の中ではブラインドやすだれで直射日光を遮る、扇風機やエアコンで室温・湿度を調整する等、暑さを上手に避ける工夫が望ましいです。

 ○ 涼しく過ごせるよう服装も見直し

少しでも涼しく過ごすためには、汗を吸い、通気性のよい綿素材の衣類が適しています。近年、多く市販されている吸汗素材、速乾素材のシャツや、軽く涼しいタイプのスーツなどもおすすめです。首回りがしめつけられると熱がこもってしまうため、なるべくネクタイを外し、襟元をゆるめて風を通しましょう。それだけでも体感温度は下がると考えられます。

 ○ こまめに水分補給を

のどが渇く前からこまめな水分補給が不可欠ですが、水分だけをとると塩分が不足して血液が薄い状態になってしまうため、塩分も一緒にとることが必要です。

飲みものは水、麦茶、塩水やスポーツ飲料などが望ましいでしょう。ただし、スポーツ飲料は糖分が多いのが欠点。飲み過ぎには注意が必要です。

また、高齢者や持病のある人は水分のとり方について主治医に相談しましょう。

詳しくは「熱中症環境保健マニュアル(環境省)」【PDF】を参考にして下さい。

開く
閉じる

妊娠中にビタミン、ミネラルなどのサプリメントを使用する必要がありますか?

ビタミンBの一種である「葉酸」は、食品からの摂取に加えてサプリメントから1日0.4mgを摂取すれば、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減することが期待できるとして、妊娠前から妊娠中の摂取が推奨されています。
それ以外のサプリメントについては、欠乏症でない限り、特に使用を推奨するものはありません。 ビタミンAに関しては、特に妊娠初期に過剰摂取すると先天異常の原因となる可能性があるとされていますので、サプリメントの使用には注意が必要です。

開く
閉じる

健康食品とは何ですか?

「健康食品」という言葉は、法令などにより定められているものでなく、一般に、「健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの」を総称するものです。健康食品には、実際に「健康の保持増進効果」があるかどうかが確認されているものもあれば、そうでないものもあります。このうち、国がその「健康の保持増進効果」を確認したものが「保健機能食品制度」で、保健機能食品には「特定保健用食品」と「栄養機能食品」があります。その他の健康食品には、「健康補助食品」「栄養補助食品」「栄養強化食品」「栄養調整食品」「健康飲料」「サプリメント」といったものがありますが、これらは、国がその効果を確認したものではありません。

健康食品

開く
閉じる

介護に関して

 

介護保険を利用してどんな福祉用具がレンタルできますか?

特殊寝台、特殊寝台付属、床ずれ防止用具、体位変換器 、徘徊感知機器、車いす、車いす付属、歩行器、手すり、歩行補助杖、スロープ、移動用リフト、自動排泄処理装置のレンタルが可能です。

開く
閉じる

レンタルだと衛生上大丈夫か不安なんだけど・・・

徹底した消毒工程や点検の手順を踏んで衛生管理を行っておりますのでご安心してご利用ください。

開く
閉じる

車いすを2台借りることはできますか?

使用目的や使用場所を使い分ける必要があれば可能です。

開く
閉じる
トップヘ